無料相談バナー1.gif  無料診断バナ−.jpg

贈与税とは

 

 

Q. 贈与税とは、どのような税金なのでしょうか?

 

 

A.

贈与税は、個人から財産を貰った人に対してかかる税です。

このほかに、著しく低い価額で財産を譲り受けたり、債務を免除してもらったときなども贈与税の対象となります。 

 

 

 

 

@ 贈与税とは? 

 

贈与税とは、個人が個人から財産をもらった場合に、そのもらった人に対してかけられる税です。

 

このほかに、著しく低い価額で財産を譲り受けたり、債務を免除してもらったときなども、実質的に贈与により財産をもらったのと同様の経済的利益を受けたものとして贈与税がかかる場合があります。

 

 

A 贈与税を支払う人は? 

 

贈与により取得した財産の合計額が、贈与税の基礎控除額を上回ると、贈与税がかかることになります。

 ( 逆に言えば、贈与財産の合計額が基礎控除額以内であれば贈与税はかかりません

 

贈与税は、贈与による財産の取得など経済的利益を受けた人に国がかける税です。

したがって、贈与により経済的利益を受けた人が贈与税の納税義務者となります。

 

 

B 贈与税の計算期間は? 

 

相続は被相続人の死亡時の1回限りですが、贈与は贈与者が生きている間は回数の制限はなく、何回でもすることができます。

 

贈与税は贈与があったごとに課税されるものではなく、所得税などと同じく暦年 ( 1/1〜12/31 ) 単位で集計して、税計算を行うことになります。