無料相談バナー1.gif  無料診断バナ−.jpg

贈与税の計算方法

 

 

Q. 贈与税はどのように計算するのですか?

 

 

A.

贈与税は、現金 ・ 預金や株式 ・ 不動産など贈与を受けたすべての財産が課税の対象となります。

毎年1/1〜12/31までの間に贈与を受けた財産の合計額について、その財産をもらった人が課税されます。 

 

 

 

 

@ 贈与税計算の流れ 

 

贈与税は、財産をもらった人が、その年の1/1〜12/31までに贈与を受けた財産の価額を合計、そこから贈与税の基礎控除である110万円を控除した残額に税率を乗じて計算されます。

 

したがって、1年間に贈与を受けた財産の合計額が110万円以下であれば、贈与税は発生しませんし、贈与税の申告をする必要もありません。

 

 

A 贈与税がかかる場合 

 

贈与税は、他人から財産をもらうなどのように明らかな贈与の場合だけでなく、次のように実質的に経済的利益を受けた場合にもかかりますので注意が必要です。

 

 

 

 実勢価格よりも著しく低い価格で土地を譲り受けたとき 

売買の形式をとっても、この場合は実勢価格と譲り受けた価格との差額分について贈与をうけたものとして課税されます

 

 

 借金の返済を免除してもらったり、肩代わりしてもらった場合 

免除してもらったり、肩代わりしてもらった借金について贈与を受けたものとして課税されます。

 

 

 自分が掛金を負担していない満期保険金を受け取った場合 

掛金のうち、自分が負担しなかった部分に相当する保険金額 ( 全く負担しなかった場合は保険金全額 ) の贈与を受けたものとして課税されます。

 

 

 購入者以外の名義で不動産を登記した場合 

購入者以外の人の持分に相当する購入代金または不動産の相続税評価額について贈与を受けたものとして課税されます。